読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

波と手紙

小田桐 夕のブログ。塔短歌会に所属しています。         ゆふぐれはあなたのなかに沈みゆくとほき国だと気づいてしまふ

一首評 「椅子」

生きなほすことはできぬをいくたびもひきもどされてゆくひとつ椅子
          真中 朋久 「火光」 

 

人間はたしかにどんなに願っても生きなおすことはできない、
その一方で何度もなんども位置を直される椅子。

椅子のようすは日常のなんでもないシーンのようでいて
生きなおせることを願っている人の内心や
自分のなかで延々と再生される過去の一部のように思えてきます。

 

「火光」はなかなか手ごわい歌集で、簡単に読めない感じがします。
評とかちょっと書きにくいのですが、すこし時間をかけて読み込んでみたいと思います。