波と手紙

小田桐夕のブログ。好きな短歌について。

塔2021年1月号 2

塔に掲載された時評とか書評などの感想を、ときどき書いていってみようかな・・・と思います。

 

1月号は、誌面時評(2ヶ月前の塔の企画や内容を振り返る評)の担当者が変わるタイミング。2021年1月号からは浅野大輝さん。適任だな、と思います。 

 

 

f:id:odagiri__yu:20210206184306p:plain

 

 

続きを読む

一首評「芯」

知りたいと思わなければ過ぎてゆく 林檎の芯のようなこの冬      

 小島なお「心の領地」『展開図』P109

 

冬にかかる、林檎の芯の比喩は奇妙な感じ。林檎の「芯」なので、周りを削り取られた残骸みたいなイメージが浮かびます。

 

でも、心もとない状態を感じ取り、何かを「知りたい」という欲求が中身を豊かにする予感があって、冬の中にいる不安と同時に、知らないものへの視線や希求もあるんじゃないか、と思います。

 

知らなければ遠いまま過ぐ林檎の芯のようにひとりが好きで 一月

 小島なお「多く心の領地」『コクーン11号』P71

 

こちらがもともとの歌。だいぶ変わってますよね。こちらでは、「林檎の芯のようにひとりが好きで」と続くので、自分の中の孤独を肯定的に捉えているように思います。

 

真冬にぽつん、と取り残されたような林檎の芯。

 

孤独を受容しつつも、過ぎ去っていく時間への愛惜を感じてしまう一首です。

『COCOON』18号

コスモスの結社内結社・コクーンの同人誌は創刊号から読んでいますが、メンバーも増えてどんどんボリュームが増しています。

 

コクーン18号を読み終えたので、全体の感想をアップしておきます。

 

全ての作品に触れることはできませんが、コクーンの雰囲気を感じていただけると嬉しいです。気になったら、ぜひ本誌を手に取ってください。

 

f:id:odagiri__yu:20210116173905p:plain

 

続きを読む