波と手紙

小田桐 夕のブログ。塔短歌会に所属。  ゆふぐれはあなたのなかに沈みゆくとほき国だと気づいてしまふ

一首評「椿」

傷つけたことよりずっとゆるされていたことつらく椿は立てり

   江戸雪「空に出会う日 二〇〇二年初秋」『Door』 

 

久しぶりに江戸さんの昔の歌集を読んでいました。

塔に入る前に江戸さんの歌集もいろいろ読んでいたはずですが、今読んだほうが、なんとなく分かるような気もします(?)

日付と詞書のはいった連作から。

この歌の感覚、わかるな、と思います。

自分のいたらなさで相手を傷つけたことよりも、すでに許されていたことのほうが、ずっとずっとつらくて恥ずかしい。

申し訳ないような、恥じ入るような、なんとも居心地の悪い感じがするのです。

「ずっとゆるされていた」なので、かつて相手を傷つけた日からそれなりの日数が経過しているのでしょう。その間、ずっと傷つけていただろうけど、同時に許されていた。

相手の心の広さとか、自分のふがいなさとか、一気に感じてしまって引き受けるのがつらい。

「ことよりずっと」「いたことつらく」の音感の良さ。

句またがり気味の3~4句も、不思議なリズムを作っていて、ともすれば散文的になりそうな言葉遣いでありながら、短歌ならではの気持ちいい一首になっています。

 

すっと立っている「椿」は赤い椿だと感じました。

ぱっと灯るような赤さで、同時になんだか傷の生々しさを思わせる。

「立てり」という締めくくりが印象的で、つらくても居心地が悪くても、それでもすっと立っている。結句のひきしまった感じで、凛とした一首になりました。

 

一首評 「秋」

朝の陽に洗われて立つマヌカンの裸身の裡なる闇にも秋は

 澤辺 元一「秋」  『晩夏行』 

 塔の選者であった澤辺さんが亡くなったのは、今年の2月。

「塔」9月号には気持ちのこもった追悼特集が組まれていました。

それがきっかけで『晩夏行』を手に取ってみました。

挽歌が多い歌集ですが、季節や景色を詠んだ歌にも印象深いものがあります。

 

この一首では、店頭でまだ衣類を着ていないマヌカンを見かけたのでしょう。

マヌカン」のほうが音の響きのせいか、マネキンよりも優雅でまろやかな感じ。

朝の陽の光だから、「洗われて」というすがすがしい言葉が生きてくる。

衣類をまとっていないマヌカンのつるんとした質感を思いうかべて読んでいくと、「裸身の裡なる闇」へと思考が及ぶ。

なかなか見ることはないだろう、マヌカンの内側の黒々とした闇の部分にもやってくる秋。

爽やかな秋の朝の陽からはじまって、一転、しずかな物体の内側の闇へ。

くるっと視点を変えることで、秋の断片を切りとっています。

染野太朗「人魚」

最近、染野太朗さんの「人魚」を読んでいました。非常に読みごたえのある歌集で、印象深い一冊でした。

 

内部には暴力的な衝動を持ちながら、直接の暴力はあまり描いておらず、全体として抑制のきいた歌集になっています。

 

ただ同時に、「人魚」を殴るといった象徴的な連作があり、描きにくい感情を描くためのひとつの手法になっていると思います。

続きを読む

一首評「欲」

早さではなくて想いがほしいのだが 欲とは初夏の水に似ている   

 染野 太朗   「馬橋公園」  『人魚』

公園で野球少年を見ている一連のなかにある歌です。

 

なにかをほしい、と思う気持ちは誰の中にもあって、けっこう強烈なエネルギーになることがあります。

 

作中主体が欲しい、と思っているのは「想い」。

 

わざわざ「早さではなくて」と言っているので、周りから与えられるものと、本人が願っているもののあいだにけっこうなギャップがあるのかもしれない。

 

「だが」という逆接で区切っているので、「しかし手に入らない」という否定的な結果を予想させます。

 

欲に類似したものとして出される「初夏の水」。この歌のなかの「欲」はぎらついた感じはしない。

 

さわやかさとか眩さなどをイメージさせると同時に、ほんのいっときのもの、といった感覚も感じます。

 

林和清 「去年マリエンバートで」

久しぶりに歌集の評を更新しましょう。

 

歌集を含めて、書籍をじっくり読んでいるだけではなくて、自分なりに評を書いておくのは今の考えを整理して、後から振り返るためにも意味があると思っています。なにより、文章を書くことそのものが、やっぱり楽しい。


去年マリエンバートでは林和清氏の12年ぶりの第四歌集です。全体として、死の匂いと、時間の厚みの濃厚な歌集でした。

続きを読む

一首評 「危機」

うすいグラスにいつも危機はありいまは逢ふ前の君に救はれてゐる

  林和清 「みちのくの黒い墓石」『去年マリエンバートで 

 

ブログを書く気がなくなってしまって、1ヵ月くらいほったらかしにしていました。

気が向いたときに、ときどき記事を更新してみます。

     *

久しぶりの一首評は、最近、読んでいた歌集「去年マリエンバートで」から。

全体として死とか危うさの気配が強い歌集でした。

 

うっかりすると割れてしまいそうな、うすいグラス。

きれいだけど、とても脆いものの象徴のようです。

 

「いつも危機はあり」で、「いつも」という以上は、前から、そしてこれからも「危機」が存在しているのはもう、決まっている。

 

過去から未来への時間のなかで、作中主体が感じ取っているのは「いま」の時間のこと。

 

「逢ふ前の君に救はれてゐる」とは奇妙な感じですが、実際に会う前のイメージみたいな部分によって、どこか自己の精神が救われている、ということかもしれません。

 

実際の時間の流れとはべつに、作中主体のなかにある過去の時間の流れ・イメージを感じて、二重の時間の感覚にすこし混乱してしまうのです。

 

それは悪いことではなくて、現実の時間の流れとはべつに精神のなかに、過去やイメージを持っていることはよくあること。

 

作中主体の中と外に流れる時間の差を取り込んでいて、一首のなかに時間の厚みや重なりを生み出しています。

8月のメモ

先日、はじめて塔の全国大会へ行ってきました。

最初はあんまり参加するつもりがなかったのですが、会ってみたい会員さんが何人か参加なさるということだったので、悩んだ末に参加しました。

もともと、大人数の場所が好きでもないので、あんまり期待せずに行ってみました。

会場についたら、知っている会員の方が声をかけてくださって、嬉しかったです。時間の都合でひとりひとりとじっくり話せるわけではないのですが、簡単でも挨拶できてよかったです。

前から会ってみたいと思っていた会員さんたちに会えたので、行ってみた意味はあった、と思っています。

全国大会の企画、運営にかかわったスタッフの方々、ありがとうございました。

 

    *

 

さて、このブログでは、毎月の塔に掲載された歌のなかから印象的な作品を選んで、さらに批評を加えてきました。

今月、いろいろ余裕がないので、ひとまずお休みにします。(先月くらいですでにすこし疲れていたのですが・・・)塔8月号への批評を見たくて来てくれた方がいたら、ごめんなさいね。

塔の選や批評は、1ヵ月か、数ヶ月休んだらまた気が向いたタイミングで再開するつもりです。そのときは、またよろしくお願いいたします。(他の記事でブログを更新することはあります)