波と手紙

小田桐 夕のブログ。塔短歌会に所属。  ゆふぐれはあなたのなかに沈みゆくとほき国だと気づいてしまふ

塔2018年12月号

今年の最後の塔がきました。

12月号の月集と、作品1のなかから、ちょっとだけ評をしてみます。

 

ちなみに今年の私の詠草ですが、塔1月号と12月号で新樹集に掲載されていました。

最初と最後で、なんかまとまり(?)がいい・・・。ありがとうございました。

続きを読む

短歌結社「塔」に入会して4年過ぎたのでちょっと振り返ってみた

塔という短歌結社に入ってすでに4年が過ぎました。節目(?)に振り返っておくのもいいだろう、と思い書いておきます。

 

塔に対する感想をざっくりとまとめると次のようになります。

 

  • 結社の選者は優秀な方たちだけど、思いのほかフレンドリーで話しやすい
  • びっくりするくらい上手い人たちがいる!!
  • 尊敬している歌人とイベントや歌会で本当に会える!
  • 上手い人とそうでない人の差は予想以上に大きい・・・
  • 合わない人たちとは適当に距離を取るべし
  • 自分の目標を決めて、そのために結社という場をいい意味で利用するといい

って感じです。

 

これから短歌結社に入ろうかな、でもいまいちよくわからないしな・・・という人には今回の記事は参考になるかもしれません。

続きを読む