波と手紙

小田桐 夕のブログ。塔短歌会に所属。 ゆふぐれはあなたのなかに沈みゆくとほき国だと気づいてしまふ

塔2016年11月号から 3

塔2016年11月号の作品1・池本一郎選歌欄から。

ボートにも乗つたねカメラ忘れたね百年生きたといふやうに言ふ    大塚 洋子    P87

ゆったりした雰囲気がとても魅力的な一首です。
遠い昔のデートを懐かしむような言い方だと思いました。
「乗つたね」「忘れたね」という親密そうな言い方や
「百年生きたといふやうに」という大きな時間の単位に
ふんわりした柔らかさがあります。

トリックより愛憎の記述多くして厚き本は遺作となりぬ         桶田 夕美    P87

推理小説なのに、肝心のトリックよりも
「愛憎の記述」の方が多い、というのは
小説家の内面によるものなのかどうか、
小説に書かれない部分にさらにドラマがありそうだな、と考えてしまいます。
「遺作」だからこそ、「愛憎の記述」が多いということに
重みが加わります。

とろとろと日の暮れを待つ屋形船 第十五井筒屋丸の墨文字      宮地 しもん    P93

川を遊覧するための屋形船を丁寧に描いています。
「第十五井筒屋丸」は屋形船の名前ですね。
屋形船の船体の横にしるされた船の名前、さらに
「墨文字」まで描写したことでくっきり像がうかびます。
漢字が多いのですが、うるさい雰囲気にならず
歌を引き締めてくれています。

プライバシーポリシー