波と手紙

小田桐 夕のブログ。塔短歌会に所属しています。         ゆふぐれはあなたのなかに沈みゆくとほき国だと気づいてしまふ

塔2017年9月号 1

眠りいる間に外れしイヤホンゆ車内にゴスペル滲みていたり   三井 修   P3

電車とかバスなど公共の乗り物のなかでのことかな、

とおもって読みました。

だれかが耳につけていたイヤホンが外れて、

乗り物のなかに「ゴスペル滲みていたり」という状況になっていた。

流行りの曲ではなくゴスペルという荘厳なイメージがいいな、と思います。

「イヤホン」という現代的なアイテムと

上代の格助詞「ゆ」の組み合わせも面白い。

イヤホンという小さなアイテムから外の世界に向かって

届く音楽のふわっとした広がりがある歌です。

あれくらいと半分の月指させり恋の終わりを子は話しつつ    前田 康子    P3

「あれくらい」とは何のことかな、と思って読んでいくと

年ごろの娘さんが母親である主体に失恋を打ち明けているシーン。

好きだったものの、終わってしまった恋のことを

「半分の月」に例えるところがとてもいい。

聞いている主体にも、自身の青春時代の思い出がいろいろあるわけで、

思いだしている部分もあるかもしれない。

「半分の月」を介して、親子の会話を描いているところが

シンプルに見えるけど、とても巧みだと思います。

見つめてる目のむこうにも羽ばたかせたいのに鳥をうまく言えない  江戸 雪   P4

誰かと対話しているシーンだと思います。

相手に伝えたいイメージがあるのだけど、

なかなか上手く言えなくて、伝わらないもどかしさかもしれない。

説明せずにイメージを描いている歌なので、

多少解釈が分かれるかもしれないけど

鳥の飛翔と相手との対話を結び付けていて、

これはこれで面白い描きかただと思います。

飯茶碗の縁にするどく親指をかけつつ食うを横目に見おり    永田 淳    P4

最初は食事中の息子さんの食べかたかな、と思いました。

もしかしたら定食屋さんとかで全く知らない人を見ているのかもしれない。

「飯茶碗の縁にするどく」といったところに

切羽詰まったような、焦るような食べ方が浮かびます。

主体はその様子を「横目に見おり」なので、

気にはなるけど、伺っている距離があります。

ふたたびを水になれざる水達のかたちであらうあぢさゐの花    大橋 智恵子  P6

たくさんの水滴があつまったような形状から

「水達のかたち」という表現はたしかにそうだな、と思いました。

紫陽花の雰囲気をよく伝えている歌です。

「ふたたびを水になれざる」というところに

ひとたび決まった生はもう変えられない、という重みがあります。

 

一首評 「物語」

烏瓜の揺れしずかなり死ののちに語られることはみな物語    

        松村正直 『風のおとうと』

松村正直氏の第四歌集。

今わたしが一番気合い入れて読んでいる歌集と言っていい!

 

今までの歌集のなかの歌の変化を思いながら

ゆっくり読んでいます。

 

烏瓜というと、赤い実を思い浮かべます。

秋から冬にだんだんと熟して赤くなる烏瓜。

寒い季節の中、烏瓜が静かに垂れているその景色を描いてから

死ののちの時間に転じています。

「物語」という名詞がとても印象的です。

誰かが亡くなった後に話題にするのは

その誰かがもういない、という事実のまわりで

紡がれる覆いのようなイメージかもしれない。

死という絶対的な事実のあとには

感覚が変わるのかもしれない。

 

時間の経過のなかでいつしか変わっていく感覚、

そんな歌が多いかもしれないと思いつつ読んでいます。

塔2017年8月号 5

ふたひらの羽があるから蝶々は自由なのだと思い込んでた    八木 佐織     P160

蝶々の軽やかさから思い込んでいた自由だけど

そうでないと気づくことがあったのでしょう。

蝶々のことを詠んでいながら、

主体の内面を見つめなおす歌になっています。

僕たちが存在すると云ふ事の意義を問ふため咲けアマリリス    宮本 背水  P161

ちょっと硬い感じもするのですが

「咲けアマリリス」という強めの結句に惹かれます。

マリリスは主張の強い色やフォルムをしています。

花に問われる存在意義というのは

どれほどのものなのか、

「咲け」という命令形が出てくる背後には

案外もろい部分があるように思うのです。

もう逢はぬひとの名前と同じ文字エンドロールに流されてゆく    川田 果弧  P169

映画の最後に流れていくエンドロールに見つけた

「もう逢はぬひとの名前」。

まさにその人物なのか、同姓同名なのかで

歌の味わいがけっこう変わります。

かつて大事だったかもしれないその人の名前を

「同じ文字」としたところに年月の経過があります。

塔2017年8月号 4

この道をムスカリ咲くよ踊るほどさみしい春もムスカリ咲くよ    吉田 典   P112

「踊るほどさみしい」という表現がとても印象的。

春だからわくわくするような気分になるかというとそうでもなく

むしろソワソワして寂しいくらいという。

ムスカリは葡萄の房みたいな形で、青い色がきれいな花。

道に沿ってたくさん植えられているのかもしれない。

落ち着かない気持ちの表現として

おもしろい描きかたをしています。

階段はちひさく螺旋を描きつつ雨音の濃き二階へつづく    石松 佳     P113

「雨音の濃き」と言われると、確かにそうかもしれないと思います。

階段で二階に上がっていくときのちょっと不安定な感じが出ていて

ちょっとしたスケッチのような歌になっています。

里にまた緑のひかりは巡りきて高さ違える水張田の空   *違える=たがえる    岡村 圭子   P114

水張田は苗を植える前の水を張った田んぼを指すらしく

空や風景を映して鏡みたいになっています。

また美しい景色を見る季節になったことがさりげなく詠まれています。

「緑」「巡り」「水張田(みはりだ)」といった

マ行の音+「り」の音がとても心地いい。

「高さ違える」という把握がとてもよくて

田んぼの位置の高低によって

映っている空の位置に差が出ているのでしょう。

的確な描写によって毎年見ている風景を切りとっています。

自分から言い出す誕生日のように降り始めた雨だから濡れたい     鈴木 晴香    P 117

相手から興味をもって聞かれたのではなく、

「自分から言い出す誕生日」というのは

なんともしっくりこない感じが残ります。

そんな比喩で詠まれた雨は

たぶん望んでいる天気とは違うのでしょう。

「濡れたい」という結句まで詠んだことで

雨に打たれる悲しみ、冷たさまで伝わります。

嘘ならばさいていな嘘、嘘でないならさいていなひとだよ四月     田宮 智美   P122

一連を見ていると、どうも転勤で自分から離れていった人に向かって

言っているようです。

果たして言われた言葉は嘘だったのか、そうでないのか、

確かめることはできないのかもしれません。

「さいてい」とひらがなで2回使われているところが

とても強い印象になっています。

「四月」で終わる結句も効果的で

人間関係が変わっていく季節の

一コマとして、とても印象深い歌です。

寄り道が時間つぶしでなかつたころ渋谷の街はラメの輝き       木村 珊瑚     P 127

寄り道をしていたころ、渋谷に行っていたみたいですが

主体にとって決して「時間つぶしでなかつた」といいます。

たしかに寄り道だったとはいえ、

ちゃんとした意味があったことを懐かしんでいるようです。

細かい説明をせずに「ラメの輝き」としたことで

その場所、時間、思い出などが

キラキラした輝きを纏って見えます。

塔2017年8月号 3

被ったり脱いだりぱたぱた煽いだり楽しくなってくるヘルメット     阿波野 巧也  P60

働くようになって、ヘルメットを被ることがあるらしい。

現場の詳しい状況は一連からはあまりわからないけど

ヘルメット、という無骨なアイテムを詠みこんで

ちょっとコミカルに描いています。

被る、脱ぐまでは思い浮かぶけど

「煽いだり楽しくなってくる」というあたりに

軽いユーモアがあって面白い歌です。

ご愁傷さまです、の中に秋はありあなたはゆくのかなその秋を    安田 茜     P71

亡くなった方がいるから出てくる

「ご愁傷さまです」という言葉のなかにある「秋」に注目していて

言葉遊びの楽しさを含めつつ「あなた」への気持ちが込められています。

定型の言葉のなかの細部への注目から

相手への気持ちの寄せ方が自然で、

トーンは軽やかだけど、重層的なつくりになっていて巧みな歌です。

速達はいまごろ奈良を通過して海が右手に見えてくるころ    森永 理恵     P83

奈良という地名のあとに「海が右手に見えてくるころ」という点が

面白い歌です。読んでいる最中に

ぱっと景色が広がります。

速達の配達のルートに思いをはせながら

主体も一緒に移動しているような臨場感や楽しさがあります。

出る杭は打たるるという格言を知らぬ若竹の煮物はうまい    坂下 俊郎     P109

出る杭は打たれる、という言葉通り、

目立った振る舞いをすれば弊害は多いもの。

人間の社会でずっと言われる格言を筍にあてはめて、

まだ新しい間に収穫されて煮物になると

苦難を知る暇すらなかったのか

柔らかくておいしい、という発想へつなげている点が面白い。

ちょっと皮肉っぽい視点も感じます。

 

塔2017年8月号 2

はつなつの薄いカーディガンくたくたと椅子の背にありときどき落ちる     小林 真代 p29

夏用のカーディガンなので、かなり薄手だと思う。

もう着込んでいてくたくた感のあるカーディガン、

椅子の背にかけているけど、たまにすべり落ちるんだろう。

生活のなかになじんだアイテムを描写しているだけだけど

日常の空気感みたいなものが見えてきて、

気になる一首でした。

みたらしのしの字のしつぽうねうねとのばす暖簾に夜店はじまる   清水 良郎  P30

三句目までの描写で

「し」という文字のうねうねした感じがよく出ていて面白い。

ひらがなが多くて余計に

長ったらしい感じが出ています。

暖簾というアイテムに注目して細やかに描くことで

夏の夜店の様子を描いています。

憎むとは忘れないことクスノキの落ち葉は庭の四隅に積もる  紺屋 四朗   P36

深く憎んだ相手は簡単に忘れないもの。

いつまでも内面に残っているわだかまりから、

庭に積もる落ち葉へと転じています。

「四隅」という提示がよくて

あまり注目されることのない庭の隅っこに

積もる落ち葉を描くことで

心の隅にずっとずっと残る感情の深さを伝えています。

と同時に「クスノキ」というカタカナの存在がよくて

これが「楠」だったらちょっと硬すぎたかもしれません。

初めての看取りにのぞむ中島くん「怖い?」と訊けば「くやしい」と言う   山下 裕美  P42

介護施設で働く作者の歌のなかには、

いつもどこかゆったりした感覚があります。

実際にはとても忙しいし、しんどいことも多いはずですが。

この歌のなかでは職場の後輩にあたるだろう「中島くん」を描くことで

仕事のなかのワンシーンを描いています。

看取りという特殊な場面に臨む心境を

短いセリフのやり取りで描いていて

職員同士の感覚の差や関係を伝えてくれます。

雨傘のまあるき視野の池の辺を燠火の色に鯉が浮き来る    清水 弘子   P42

主体が雨傘を差しているので

視野が傘のかたちによって遮られている。

その限られた視野のなかにすいっと鯉が浮かんでくる。

しかも「燠火の色」だという。

雨降りの日の暗めのトーンの風景のなかに

浮かんでくる、炭火のような色をたたえた鯉。

色彩の対比が美しいうえに、初句から二句の視界の限定で

自分だけの世界、といった提示になっていると思います。

午後二時の参院予算委員会のガラスの水差しの水滴白し     石原 安藝子  P44

国会中継を見ているようですが

「ガラスの水差し」に注目した点が面白い点です。

さらに「水滴」という微細なものを見ることで

通常は入り込むことのない国会内部の世界に迫っています。

旧タイプを知らねど帰り道に食う新チョココロネは励ます我を     相原 かろ  P56

なんの旧タイプかな、と思って読んでいくと

「チョココロネ」の話。

パンの味がリニューアルしたらしいけど

じつは古いタイプを知らない。

知らなくてもチョココロネは美味しい。

大仰な感じからはじまって結句までの着地が面白い。

「励ます我を」とわざわざ倒置にしていることで

強調している工夫があります。

塔2017年8月号 1

まだ暑いよー・・・

塔8月号から見ていきます。

夏つばき地に落ちておりまだ何かに触れたきような黄の蕊が見ゆ     吉川 宏志 P2

木の下に落ちてもまだ存在感のある夏つばき、

たっぷりとした筆のような黄色の蕊は印象的です。

「まだ何かに触れたきような」が興味深い。

夏つばきの一輪にはまだ美しさや生命力が

残っているように感じます。

地面の色、白い花びら、黄色の蕊といった

色彩が鮮やかに浮かびます。

世の中はなんでこんなにさびしくて私がひとりスーパーにゐる  永田 和宏  P2

河野裕子さんがなくなってすでに7年経つ。

「なんでこんなにさびしくて」という無防備な言い方が

かえってしみじみと悲しい。

「私がひとり」という言い方は

なんだか舞台にたつ役者のような描きかたです。

「スーパー」という毎日の生活のために買い物をする場所という

身近な場所の選択に、とても実感があると思います。

何度目の春でしたっけ筍とセロリをトマトソースで和えて   山下 洋  P3

食べ物の色彩の美しさが印象的な歌です。

筍の白っぽい色とセロリの緑色と

トマトソースの赤色がぱっと浮かんで、

楽しい食卓のシーンが浮かびます。

「何度目の春でしたっけ」は

親しい方への呼びかけと取りました。

たぶんもう長く一緒に過ごしているので、

何度目の春かわからないくらいだけど

今年も同じように春の野菜をトマトソースで和えている、

そんなシーンだと思います。

名を呼べばはいと応へて立ちあがる四月十日のパイプ椅子より  梶原 さい子  P7

入学式かな、と思いますが

「四月十日のパイプ椅子より」がいい表現です。

その生徒にとっては一度きりの四月十日、

ちょっと緊張感のある日を描いています。

百本の白きワイヤー架かる橋春の河口にハープを奏づ   村田 弘子   P14

橋にワイヤーが多くかかっている光景は見たことがありますが、

ハープに見立てるとはダイナミック。

無機質な橋のワイヤーから

美しい音色を奏でる弦楽器に転化する

発想が楽しい一首です。

アン・シャーリー初の誂えのドレスなら葡萄色とおもう春の山路に  山下 泉

 *葡萄=えび   P14 

 

赤毛のアン」に出てくる主人公アン・シャーリー

想像力の豊かさを持っている女の子でした。

憧れのドレスには色も形も大変なこだわりがあったはず。

「葡萄色」という深みのある赤紫色にも

きっと楽しい想像をふくらませたろうな、と読んでいて嬉しくなります。

「春の山路」には「葡萄色」を思わせる植物があったのか、

自然や季節の美しさからアンの「葡萄色」のドレス、

しかもはじめて誂えるドレスへの発想のふくらみが楽しい。