波と手紙

小田桐 夕のブログ。塔短歌会に所属しています。         ゆふぐれはあなたのなかに沈みゆくとほき国だと気づいてしまふ

一首評 「あねもね」

抱かれず なにも抱かずねむりたり半島にあねもねの咲く夢

抱かれず=いだかれず       江戸 雪 『百合オイル』

 

ひとりで静かにねむる夜。

初句のあとにあえて一字空けていることで

断絶した感覚を感じます。

見ている夢の場所が

「半島」という大陸から飛び出すような形の

場所であることが象徴的です。

なにか異質な場所のようで、

かと言って大陸と離れているわけでもない。

「あねもね」の字の柔らかさが

夢のぼんやりした感覚と合っています。

一首評 「間」

雨降れば雨の間に立つ花あざみ祖母の死後濃くなりしふるさと      *間=ま

                 吉川 宏志 『海雨』 

 

降っている雨のすじにも間があって、

その間に存在している花あざみ、という描きかたに惹かれます。

ふだんなにげなく見ている光景を

あらためて言葉で描写して

定着させていく把握のちからを感じます。

 

祖母がすでにいなくなって、そののちさらに濃くなる故郷。

故郷に帰ることができる機会は限られているはずなのに

なお色濃く感じる不思議。

「花あざみ」というツンツンとしたフォルムと

鮮やかな色を持つ花の存在感で

「濃くなりしふるさと」に視覚的なイメージを与えています。

謹賀新年

あけましておめでとうございます。

今年もよろしくお願いします。

 

いぬ年なので、犬の歌をあれこれ考えてみました。

そのうちの一首をアップしてみます。

犬は昔、飼っていたけど

もうすっかり時間が経ってしまって懐かしい記憶になってしまった。

私は今年もマイペースに進みたいです。

 

ふはふはとじやれあつてゐた日を束ねおまへを冬の庭に走らす   小田桐 夕

 

 

 

2017年の振り返り

さて、なんとか12月中に「塔」の選、評をアップできて

自分で満足していますー。 

2017年の振り返りをさらっとしておきます。

 

◆よかったこと

「塔」のなかからいいと思った歌を抜粋して

ブログで毎回、紹介してきました。

正直、最初の1、2回で終わるかと思っていましたが・・・。

なんとか続けてきました。よく頑張った!

自分の判断でいいと思った歌を選んで評を書くのは

「なんとなくいいな」から

できるだけ納得できる言葉にしていくプロセスになるので、

読みのトレーニングとしてけっこういいと思います。

 あとはブログを延々と続けてきたことで、

歌人の方や「塔」会員の方に覚えてもらうきっかけになりました。

「風のおとうと」の歌集評を書くチャンスにもつながったみたいなので、

コツコツやっておくものですね。

 

◆残念だったこと

「塔」の感想に追われがちで

取り上げたかった歌集や評論をなかなか取り上げることが難しかったです。

来年はもう少し、いろんな歌集も取り上げたい・・・・。

 

◆歌会について

歌会はいくつか顔を出してみました。

e歌会⇒たしか5月くらいまで参加していました。

京都平日歌会⇒1回だけ行ってみました。こじんまりした人数なので、初心者にもいきやすい雰囲気。

旧月歌会⇒思ったより多い回数を参加していました。

 

歌会は参加メンバーや選や評の仕方によって

雰囲気の合う、合わないもあるので

自分に合ったところが見つかったら、そこをメインにして

他にもちょこちょこ行ってみるといいですね。

 

私は熱心に歌会に行くタイプではありません。

1年続けて参加してみて、

上手くなりたい人にとっては、鍛錬のための一つの場所として

歌会は有意義なんだろう、とは思います。

ただ、歌会に参加しているだけで

歌がうまくなるわけでもないっていうのもよくわかります。

むしろ歌会に参加していないときでも

どれだけ本人がいろんな作品に触れているのか、

読んでいるのか、そんな地の部分がなんとなく

見えてしまう場だと思います。

私には「もっと短歌、うまくなりたい」と思って結社に入った初心があります。

その初心を大事にしていきたいし、

大事にしてくれる場所に行きたいですね。

 

2017年は短歌については得るものの多い1年でした。

今年もこのブログを読んでくださって

ありがとうございました。

塔2017年12月号 5

はかなごと繰り返しつつ来し生のリンスインシャンプーのごはごは    山下 好美   P191

上の句で今までの人生の様子、

下の句で日常生活の中で使うアイテムの話につなげています。

「ごはごは」はリンスインシャンプーで洗った後の

髪の質感だと思うのですが、

今までの人生のあり様を思わせます。

ごわついた髪の質感のような人生であるのかもしれないけど

軽めに詠んでいて、おもしろい雰囲気があります。

いつも食べ残すパセリが今日はないことをかなしむごとき純真     神山 倶生   P192

全てが結句の「純真」にかかっていく比喩になっていて

私はこういう長めの比喩もあってもいいと思っています。

(私が同じような方法を使って「長すぎる」って批判されたことがあるんだよ)

サンドイッチ等のかたすみに添えられることがあるパセリ、

いつもはあるのに、今日はないんだ、とちょっと寂しい。

小さな欠落に気づく感覚、それを気にする感覚。

日常の一コマを比喩にして内面の繊細さを詠んでいるので、

ちょっとした可笑しさも含んでいます。

心臓と小指は遠く繋がってぎゅっとされたらぎゅっとなります   中森 舞  P195

下の句の表現が面白いな、と思います。

小指をふくめ、手をぎゅっと握られたのだろう。

そのときの緊張を

「ぎゅっとされたらぎゅっとなります」としている点が面白い。

下の句に省略がありながら、シーンやそのときの気持ちが

しっかりつたわる歌になっています。

雨の日に猫の後頭部を嗅げば湿り気を帯びた我が家の匂ひす   三好 くに子  P198

一緒に暮らしてきた飼い猫、

猫の後頭部の匂いをかいだはずなんだけど、

それは同時に「湿り気を帯びた我が家の匂ひ」でもある。

飼っているペットがもうすっかり我が家になじんでいることや

それまでの時間の経過を思わせます。

塔2017年12月号 4

年内に「塔」12月号の評を全部アップしようと

努力しています・・・・・

なんとか間に合いそうなので

いつもこのくらいのペースでやったらいいんじゃないの、って

自分で思いますね。

母のすすめる法律事務所を断って夕焼けのただ赤かった日に

 

どのようなわが選択も肯定し擦り減っていく実家の土壁    吉田 典   P142

作者は介護職に就いているらしい。

就職にあたっては、もちろん他の可能性もあったのでしょう。

たとえば親がすすめてくれた法律事務所。

わざわざすすめを断ってまで選んだ仕事をしているけど、

いまかつての選択を振り返っています。

介護の現場は大変とよく聞きます。

自ら選んだとはいえ、迷うこともあるんでしょう。

一首目では、かつての決心からその日の空につなげて広がりがあります。

「夕焼けのただ赤かった日に」で終わることで余韻を残しています。

二首目では実家の家族は仕事の選択をどう思っているのか、

あれこれ説明せずに「土壁」に託したところがいいと思います。

昔と変わらずに存在しながら、しかし確実に擦り減っていくという点から

見守る側の心理も見て取れます。

美しい不眠だったね雪の日の乗らない始発を眺めにいった    多田 なの   P145

なかなか眠れず、雪の早朝にそっと外出して

わざわざ乗りもしない始発の電車を眺めに行った。

眠れない苦しみではなくて

普段は出かけない時間に出かけたことや、冬の朝の景色の厳かさを

肯定的に描いていて、しんとした美しさがあります。

きらきらのかたまりだった新人が一人ひとりになってゆく秋   山名 聡美   P171

入社してきたころにはピカピカしていた新人さんたちが

仕事にも組織にも、次第になじんできたのでしょう。

半年ってちょうどそのくらいの時間です。

主体にしてみると、かつての自分の姿もやや重なるわけで、

職場で毎年見られるシーンをさらっと描いています。

ヒマラヤの宿の炉端に一冊の岩波文庫が置かれてありぬ    竹内 真実子  P172

ヒマラヤという非日常の舞台と

「宿の炉端」でたまたま見つけた「一冊の岩波文庫」。

意外なところでなじみ深いものを見つけたときの、ちょっとした驚き。

「宿の炉端」という場所がとてもよくて、

ほんのり温かい感じがします。

かつて日本の旅行者のだれかが置いていったのだろう1冊の本が

同じ国の人間がここにもいたんだ、という接点になっています。

とり戻す本心のありじゃがいもの芽よりも深きところを削る   福西 直美    P187

普段は「本心」を忘れているのか、抑圧しているのか、

たまに自ら引き寄せたり探ったりすることがあるのでしょう。

キッチンでじゃがいもを調理していて、芽の部分を削りますが

その動作に合わせて自らの本心と向き合っています。

「芽よりも深き」という点に鋭さがあります。

日常の小さな仕草のなかから自らの内面へ、

どこか痛ましい感じも漂う歌です。

塔2017年12月号 3

あのひとの失くした部分にちょうどいいオシロイバナのたねをください   小川 ちとせ P97

大事な人の欠落した部分を埋めるために

オシロイバナのたね」というささやかなものを願っています。

丈夫で育てやすい「オシロイバナのたね」を使って

せめて失くした部分を埋めることができるのか。

とても素直な物言いがすっと気持ちに入ってくる歌です。

再びの眠り来らずジーンズの旧りゆくごとき夜明けを眺む    益田 克行   P105

まだ暗いうちに睡眠から覚めてしまって、その後も

ついに眠れずに朝を迎えたのでしょう。

だんだんと夜が明けて空が白んでいく様子を

「ジーンズの旧りゆくごとき」という比喩でとらえた点がよくて

ジーンズが色褪せて古くなっていく年月と

しらじらと夜が明けていく時間の流れとが重なります。

ゆうぐれの幟のなす影この夏の日々を取りだすように踏みゆく   中田 明子    P106

どこかの店舗の前でも歩いているのか、

夕ぐれのなかで細長い幟がつくる影がいくつか連なっているのでしょう。

幟の影を踏んで歩いている動作について

「この夏の日々を取りだすように」という比喩が面白く

一歩一歩に重さが備わります。

「影」というたしかに存在していながら、

普段はあんまり強くは意識しないものを踏んでいるという動作によって

すでに過ぎた日々のあれこれをたどる心理へのつながりが興味深いです。

コン・ペイ・トウと唱へて三粒もらひたり赤青黄の金平糖を    有櫛 由之   P110

小粒でイガがあって、見た目も可愛い金平糖

「コン・ペイ・トウ」という表記も可愛らしく、

「ひい、ふう、みい」みたいに数を数えているようにも思えます。

手のひらにのせた小さな金平糖

人間の肌の色と、小さなお菓子のカラフルな色も浮かんできて

楽しい一首です。

水のみを求めし肉の奥に在る愛だけが骨 よく曲がってる    中村 ユキ   P117

とても不思議な一首です。

生き物の体内にある骨に注目してさらに

「愛」に結びつけています。

「肉」は生きていくために欠かせない「水のみを求めし」だけど

体内の「骨」が願っているのは違う、と言いたげのように思うのです。

そのうえ、一字空けのあとの結句で「よく曲がってる」と表現されると

とても屈折していて簡単には叶わない感情の存在が浮かんできます。

死後に観る短編映画の片隅で観たかったものだけを演じる     吉岡 昌俊   P135

こちらも不可思議な雰囲気のある一首です。

「死後に観る短編映画」のその片隅で

同時に「観たかったものだけを演じる」。

生きている間には手に入らないものや叶わないことが

どうしても増えていく。

観たかったこと、演じてみたかった自己などを

死んだあとの空想に託しつつ、小さな世界を立ち上げています。