波と手紙

小田桐 夕のブログ。塔短歌会に所属しています。         ゆふぐれはあなたのなかに沈みゆくとほき国だと気づいてしまふ

塔2017年9月号 5

やっと終わるよー。

なんか9月号は手間取った。

めずらしく君が怒鳴った夜だった私の中の水を揺らして     魚谷 真梨子     P154

夫か恋人か、ケンカして相手に怒鳴られたのだろう。

ふだんはめったに怒らない性格の人なのだろうから

怒鳴られたときのショックはかなりのものだったはず。

「私の中の水を揺らして」で

身体を深く揺さぶられた感覚が分かる。

古き家こはされゆきてむき出しの風呂の蛇口に石鹸揺れぬ   川田 果弧  P154

空き家や古い家が解体されていく様子を詠んだ

歌はいくつか見たことがあるけど、

この歌では家の中からむき出しになった

「風呂の蛇口に石鹸」という点に注目している。

かつてはたしかにそこに誰かの暮らしがあったという事実が

そんな微細な物の描写からはっきりと想像される。

着眼点がいい作者だな、といつも思う。

あたらしくなるため何度も息を吸うなんど吸ってもここは雨間     *雨間=あまあい      加瀬 はる    P155

こちらも独自の視点や発想が面白い方。

自分自身のなかをクリアにしたくて息を吸っているけど

なんど吸っても思うようにはならない、と思っているのかも。

大きく吸い込んで入ってくるのは

雨間のじめっとした空気。

呼吸という生きていくために欠かせない行為のなかに

願望とか諦念とかが混在している。

 

塔2017年9月号 4

・・・・・・もう塔10月号がきました。

早いなぁ。って仕事ぶりがすごいです。

緩斜面下らせて背中見守りき自転車練習のあの春の日は    垣野 俊一郎    P104

前後に採用されている歌から、

息子が自動車免許を取得したことが分かります。

その歌の間におかれている一首だから、

まだ幼い息子の自転車の練習を見守っていたこの歌が

よりいっそう尊く見えます。

単なる斜面ではなく「緩斜面」であったこと、

うららかな春の日であったこと、

ささやかな回想として今よみがえってきたのでしょう。

ブラインドの角度を変えれば風景は光の筋に裁断される    竹田 伊波礼   P124

ブラインドの角度を調節すること自体は

どこにでもある日常の一コマです。

ただ、下の句の「光の筋に裁断される」という描写によって

詩となって立ちあがってきます。

ブラインドの細い面がいくつも動いて光が差し込むことで

窓の外の世界と内側の世界のあいだに変化が起こる、

そのシーンをするどく切り取っています。

着水をするしづけさで友人の唇を見る、鳥の言葉の   石松 佳    P125

いつも独自の雰囲気を持っている作者です。

この一首では話をしている友達の唇に焦点をあてて

鳥が着水するシーンと重ねています。

「しづけさで」は主体の見方や視線が静かなのか、

友人の話ぶりが静かなのか・・・。

結句の「、鳥の言葉の」でなんだか人間の会話では

ないような雰囲気が備わっています。

ガラス器に隈なく姿露して芍薬の花ロビーに咲けり     高野 岬  P125

ロビーにたっぷり飾られている芍薬の花。

主体が注目しているのは

花そのものよりも、ガラスの器のなかで露になっている

芍薬の茎や全体の印象。

「隈なく姿露して」という描写で

多くの人に見られる花の姿が立ちあがってきます。

窓ほそく傾けながら夕暮れを時かけ朽ちてゆく百葉箱    福西 直美    P152

百葉箱は校庭にひっそりと置かれています。

あまり注目されないだろう百葉箱を美しく描いています。

外の世界からの影響を受けにくく作られている百葉箱ですが

「窓ほそく傾けながら」で外の世界とわずかにつながっていて

長い時間のなかでやがて古びていく姿が厳かに描かれています。

芍薬のつぼみを提げてねるための四角い部屋に帰る夕暮    山名 聡美     P152

仕事からの帰りかな、と思いますがたどり着く場所が

「ねるための四角い部屋」という表現が印象的。

マンションの一室のことだろうけど、

その突き放したような言い方は疲れのせいだろうか。

休養のために帰宅する主体の手に握られた

芍薬のつぼみ」がほんの少し

あかるいイメージを添えています。

縦笛の音洩らしいる窓はありそこよりめぐりが夕暮れてゆく    中田 明子    P152

だれかが練習しているだろう縦笛の音が聞こえてくるとき

その窓から「めぐりが夕暮れてゆく」

美しい把握だな、と思います。

大げさな楽器ではなく、たぶん子供が吹いているだろう縦笛の音色や

窓から広がっていく夕暮れという描きかたに郷愁を感じます。

塔2017年9月号 3

加湿器の音を雨かと間違ひぬやさしき雨を待ちてゐるかも    潔 ゆみこ    P59

加湿器の音が雨に聞こえてしまったのは、

主体の雨を待つ気持ちからくるのだろう。

静寂な中に聞こえる雨を思わせる音が

しんみりした雰囲気を出しています。

ただ、このままだとすこし甘い感じもするので、

「やさしき雨を待ちてゐるかも」の部分を倒置にするなどの

方法も考えました。

昼顔のゆるき折り目を見て通るどこかで会つた人に会ひし日   福田 恭子   P67

ふんわりと優しい雰囲気で咲いている昼顔、

ぼんやりした記憶を思いながら見ています。

どこかで会ったはずなのに、はっきり思いだせない記憶と

昼顔という植物のフォルムが呼応しています。

ただ四句から結句は「どこかで会ひし人に会つた日」とする方が

自然な時制になる気がします。

きみのいない街で暮らすということのこんなに軽かったかなサンダル    安田 茜   P69

「きみ」とは離れて暮らしているときに

ふと気が付くのは、サンダルの軽さ。

足になじんだサンダルの意外な軽さで

心もとなさをうまく出しています。

安田さんの短歌って、むりな力みがまるでないなぁ。

ブランコの向こうの空がもう暮れるこの感情には名が必要だ   内海 誠二   P76

ブランコという大きく揺れる遊具の向こうに

暮れていく空を見ながら、今抱いている感情になにかしら

「名が必要だ」と言います。

いままでに感じたことがないような感情を抱えて

持て余しているのではないかな、と推測してしまいます。

傘もたず歩く私をアメリカ人のようだと言われわずか戸惑う    春澄 ちえ    P82

仕事でアメリカに暮らし始めた作者。

傘というアイテムを持ち歩くかどうか、

なんていうところにも国民性が出るみたい。

まだまだなじんでいないアメリカで

「アメリカ人のようだ」と言われて、感覚がついていかない。

春澄さんの感覚で切り取ってくるアメリカでの歌が

どんな展開を見せるのか、楽しみにしています。

半年の研修期間を終えるまで食い続けるであろう胡麻パン    森永 理恵    P85

めでたく就職したのはいいことだけど、

同時に新しい場所での格闘にもなります。

「食い続けるであろう」というぶっきらぼうな表現に

日々生きていくために食べる、という迫力があります。

「胡麻パン」という素朴な味わいのパンの選択もいいと思います。

こんなんでやってけるかなという不安もこもこ湧いてくる製図室   阿波野 巧也  P88

 こちらも職場でまさに今後を思って不安に駆られている歌。

「こんなんでやってけるかな」と口ぶりはライトだけど

内面にわいてくる不安はどうにもしがたいのかもしれない。

「製図室」という場所も面白い。

そこで(笑)うなよと思う夜こころはまっすぐ飛ばしてほしい   高松 紗都子  p100 

 主体が真剣に言ったことに対して

相手からは(笑)なんてついて返信が来たのかもしれない。

(笑)って返されると、ちょっとムッとする感じになったのだろう。

相手との気持ちの真剣さに差を感じて

もどかしい感じが詠まれています。

(笑)という表現をそのまま取り込んでいて、見た目も面白い歌になっています。

(笑)の入った上の句は、「わらうなよ」と読めば字足らず、

「かっこわらうなよ」と読めば定型におさまりますね。

読み方にも工夫が試される一首です。

塔2017年9月号 2

眉間より息吐くようなオーボエの奏者に銀の嘴の見ゆ    山内 頌子   P24

「眉間より息吐くような」という比喩に迫力があります。

また「銀の嘴」という表現が面白く

銀色のキイがたくさん並んでいるオーボエの隠喩だと思いますが

「嘴」という言葉で

奏者が楽器と一体になっている感じがあって

演奏者をよく見ているな、と思います。

あと五分で来るはずのバスが来ることをラッキーというこの街の人   ダンバー悦子 P25

作者はニューヨーク在住の会員の方です。

なにをラッキーとするか、でその人の価値観ってわかりそう。

「あと五分で来るはずのバスが来ること」を

ラッキー、って言えるのは

とてもささやかだけど、貴重な価値観かもしれない。

待っている 窓が汚れていくように眠い感じがここに来るのを    上澄 眠    P27

初句切れ、倒置でけっこう大胆な構図の歌になっています。

「窓が汚れていくように」で次第に、仕方なくやってくる感じがします。

眠気がやってくるのを待っているだけの内容ですが

構造や比喩、「眠い感じ」「ここに」などの言葉の選び方で

単調にならない工夫があって目に留まります。

鶏肉にゲランドの塩を振るごとき言葉をかけて子を送り出す    橋本 恵美   P37

比喩が面白い一首です。

ゲランドの塩はフランス・ブルターニュ地方の塩。

(塩って種類や産地によって味わいが違いますよねー)

肉の旨みを引き出すにはとてもいい塩なので

その塩を「振るごとき言葉」ということは

お子さんになにか持ち味を発揮できるような励ましの言葉を

かけたのかな、と想像します。

説明を省きつつ、ちょっと楽しい比喩がいきています。

宙に浮く感じでひとつひとつ咲く紫陽花だったきみとの日々も    大森 静佳  P37

たっぷりとボリュームのある紫陽花だけど

「宙に浮く感じで」ということは案外

儚い、不安定なイメージ。

確かだと思っていたかもしれない「きみとの日々も」

結局は危ういバランスの上にあった、と気づいたんじゃないだろうか。

「宙に浮く/感じでひとつ/ひとつ咲く」と

二句から三句にかけておかれた「ひとつ/ひとつ」が

紫陽花のふっくらしたフォルムが集まっている様子を

ふんわりイメージさせてくれます。

逢ふと縫ふいづれも傷をつけてをり女のもてるいつぽんの針    澄田 広枝     P38 

 

美しい雰囲気をもちながら、すこし残酷な歌。

「逢ふ」と「縫ふ」という漢字の似ていることから発想して

「いづれも傷をつけてをり」という表現が面白い。

細い針で布を縫っていくことは同時に傷をつけていること。

会いたい人に会いながら、どこかで傷をつけているという昏さが

印象に残ります。

塔2017年9月号 1

眠りいる間に外れしイヤホンゆ車内にゴスペル滲みていたり   三井 修   P3

電車とかバスなど公共の乗り物のなかでのことかな、

とおもって読みました。

だれかが耳につけていたイヤホンが外れて、

乗り物のなかに「ゴスペル滲みていたり」という状況になっていた。

流行りの曲ではなくゴスペルという荘厳なイメージがいいな、と思います。

「イヤホン」という現代的なアイテムと

上代の格助詞「ゆ」の組み合わせも面白い。

イヤホンという小さなアイテムから外の世界に向かって

届く音楽のふわっとした広がりがある歌です。

あれくらいと半分の月指させり恋の終わりを子は話しつつ    前田 康子    P3

「あれくらい」とは何のことかな、と思って読んでいくと

年ごろの娘さんが母親である主体に失恋を打ち明けているシーン。

好きだったものの、終わってしまった恋のことを

「半分の月」に例えるところがとてもいい。

聞いている主体にも、自身の青春時代の思い出がいろいろあるわけで、

思いだしている部分もあるかもしれない。

「半分の月」を介して、親子の会話を描いているところが

シンプルに見えるけど、とても巧みだと思います。

見つめてる目のむこうにも羽ばたかせたいのに鳥をうまく言えない  江戸 雪   P4

誰かと対話しているシーンだと思います。

相手に伝えたいイメージがあるのだけど、

なかなか上手く言えなくて、伝わらないもどかしさかもしれない。

説明せずにイメージを描いている歌なので、

多少解釈が分かれるかもしれないけど

鳥の飛翔と相手との対話を結び付けていて、

これはこれで面白い描きかただと思います。

飯茶碗の縁にするどく親指をかけつつ食うを横目に見おり    永田 淳    P4

最初は食事中の息子さんの食べかたかな、と思いました。

もしかしたら定食屋さんとかで全く知らない人を見ているのかもしれない。

「飯茶碗の縁にするどく」といったところに

切羽詰まったような、焦るような食べ方が浮かびます。

主体はその様子を「横目に見おり」なので、

気にはなるけど、伺っている距離があります。

ふたたびを水になれざる水達のかたちであらうあぢさゐの花    大橋 智恵子  P6

たくさんの水滴があつまったような形状から

「水達のかたち」という表現はたしかにそうだな、と思いました。

紫陽花の雰囲気をよく伝えている歌です。

「ふたたびを水になれざる」というところに

ひとたび決まった生はもう変えられない、という重みがあります。

 

一首評 「物語」

烏瓜の揺れしずかなり死ののちに語られることはみな物語    

        松村正直 『風のおとうと』

松村正直氏の第四歌集。

今わたしが一番気合い入れて読んでいる歌集と言っていい!

 

今までの歌集のなかの歌の変化を思いながら

ゆっくり読んでいます。

 

烏瓜というと、赤い実を思い浮かべます。

秋から冬にだんだんと熟して赤くなる烏瓜。

寒い季節の中、烏瓜が静かに垂れているその景色を描いてから

死ののちの時間に転じています。

「物語」という名詞がとても印象的です。

誰かが亡くなった後に話題にするのは

その誰かがもういない、という事実のまわりで

紡がれる覆いのようなイメージかもしれない。

死という絶対的な事実のあとには

感覚が変わるのかもしれない。

 

時間の経過のなかでいつしか変わっていく感覚、

そんな歌が多いかもしれないと思いつつ読んでいます。

塔2017年8月号 5

ふたひらの羽があるから蝶々は自由なのだと思い込んでた    八木 佐織     P160

蝶々の軽やかさから思い込んでいた自由だけど

そうでないと気づくことがあったのでしょう。

蝶々のことを詠んでいながら、

主体の内面を見つめなおす歌になっています。

僕たちが存在すると云ふ事の意義を問ふため咲けアマリリス    宮本 背水  P161

ちょっと硬い感じもするのですが

「咲けアマリリス」という強めの結句に惹かれます。

マリリスは主張の強い色やフォルムをしています。

花に問われる存在意義というのは

どれほどのものなのか、

「咲け」という命令形が出てくる背後には

案外もろい部分があるように思うのです。

もう逢はぬひとの名前と同じ文字エンドロールに流されてゆく    川田 果弧  P169

映画の最後に流れていくエンドロールに見つけた

「もう逢はぬひとの名前」。

まさにその人物なのか、同姓同名なのかで

歌の味わいがけっこう変わります。

かつて大事だったかもしれないその人の名前を

「同じ文字」としたところに年月の経過があります。