読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

波と手紙

小田桐 夕のブログ。塔短歌会に所属しています。         ゆふぐれはあなたのなかに沈みゆくとほき国だと気づいてしまふ

光森 裕樹『うづまき管だより』

歌集

 

うづまき管だより

うづまき管だより

 

 

 

光森裕樹さんの第二歌集『うづまき管だより』を読んでみました。
2010年から2012年までの作品が収められています。

この歌集は電子書籍なんですね。
・・・実際に読んでみて、これはこれでいいかもしれないな、
と思っています。いや、紙の本好きですけどね。

第一歌集ではとても美しいイメージを定着させていた歌群ですが
『うづまき管だより』ではもう少し他者の輪郭が出てきたように思います。


■他者との距離感

いい意味で、ね。と付け足して切るときのパプリカに似たその切断面  

イヤフォンをあらたに買ふは常ふゆのみぞおち友を替へるにも似て   

春紫苑の茎の空洞ひとごとに忘れずのこるものは異なる      

棄てかたと去りかたのみが吾をわれたらしむるもの夏鳥を追ふ     

一首目はとても示唆的な一首です。
他者との会話をしていて、なにかマイナスイメージを
纏った言葉を言ったのでしょう。
「いい意味で、ね。」と付け加えるのだけど
そして決して嘘ではないのだけど
空虚さを内包している会話でもある。
「切る」という動詞は会話を打ち切る
ということかなと思ったのですが、
「パプリカ」という野菜を切るときの動作や
「切断面」のイメージが浮かんで
オーバーラップしていきます。

二首目はなじみ深いアイテムである「イヤフォン」と
友達を替えるという行為の結びつきが面白いです。
とても淡い人間関係はそんなものかもしれない、
という共感があります。
「ふゆのみぞおち」は冬のはじめから中間くらいかな。

三首目は景(具体的なもの)と情(観念や思い)の組み合わせ。
「茎」という細い物体の中の空洞から、
人の内面の深み、残っていく記憶や思い出の差異に
想像が膨らみます。

四首目は共感した歌。
「棄てかたと去りかた」は決断しないといけない局面なので
どうしようもなくその人の特質が出てしまうのでしょう。
夏鳥を追ふ」という結句に主体ならではの
去り方のイメージが提示されています。


■親しい人の描きかた

この秋の把手のごとく見てゐたり君わたり来る白き陸橋

陽を嫌ふあなたがナイフに崩しゆくナポレオン・パイの屋上屋

一方で、親しい人の存在は第一歌集よりもくっきりしてきた感じがあります。
一首目は「この秋の把手のごとく」が美しい。
扉の「把手」という小さな物と、「白き陸橋」という大きな物体との対比が
面白いイメージの重ねかたになっています。

二首目では苺がたっぷりのった「ナポレオン・パイ」を食べている人は
「陽を嫌ふあなた」だという。
「屋上屋」を崩している、というシーンが面白くて
パイ生地が重なっている「ナポレオン・パイ」を
ユーモアを交えて詠んでいます。


■連作を構成する意識

がたん

並走する列車のなかをあゆみゆく男ありどこか吾に似てをり    

ごとん

並走する列車のなかを見つめゐる吾ありどこか彼に似てをり

光森さんは連作を構成する意識がかなり強い人のようで、
2首~4首あるいはそれ以上の短歌をセットにして
繋がっているときがあります。
上に引いた2首はその一例です。

よく似た短歌ですが、「男」と「吾」が入れ替わっていて、
対になっています。
『鈴を産むひばり』の中にも少しあったのですが
(『鈴を産むひばり』P56参照)
第2歌集以降でよく見かけるようになります。
すこしずつシーンや位相をずらしていくことで
シークエンスを生み出しているので、
映像みたいなつくりだと思うことがあります。

 

第二歌集で出ていた変化に注目しながら見てみました。
第三歌集ももう一度読み直してみます。

 

一首評 「はなびら」

一首評

エレベーターにちらばつてゐるはなびらを浮かせるために押す地上階  
        光森 裕樹 『うづまき管だより』

第二歌集『うづまき管だより』を読んでいます。
この歌は一番好きな歌です。

エレベーターという閉じられた空間にちらばるはなびら、
それだけでもなんだか異質な感じがしますが
地下から地上に向かうボタンを押すことで
「はなびらを浮かせるために押す」という詩的な仕草が完成します。

日常のなにげない仕草から一気に
詩の美しさに飛躍させる腕前は変わらずに存在しています。

一首評 「蕊」

一首評

つつじの赤い花はなつかし花よりも色濃く長き蕊もつことも
         花山 多佳子 「築地」『晴れ・風あり』 

つつじの花はたくさん咲いて、初夏の華やかな
景色を作ってくれた記憶があります。
たしかに蕊が長くて、すぅっと伸びていたなぁと思います。
「蕊」という部分に着目したことで
つつじという花の特徴をくっきりと描いています。

見慣れた光景を描写の力で
「あ、確かにそうだった」ともう一度よみがえらせる、
そんな力もいいなと思います。

光森 裕樹 『鈴を産むひばり』

歌集

 

鈴を産むひばり

鈴を産むひばり

 

 

光森裕樹さんの歌集はすでに第3歌集まででているので
順に取り上げてみましょう。

『鈴を産むひばり』は2010年に刊行された第一歌集。
光森さんの短歌はわりと淡白な印象があって
現実の把握が理知的だけど、美しい詩情も持っている
といった印象でした。

■美しいイメージの定着

かつて読んだときからとても印象的だったのは
次のような歌です。

ポケットに銀貨があれば海を買ふつもりで歩く祭りのゆふべ

売るほどに霞みゆきたり縁日を少し離れて立つ螢売り

売れ残る螢をつめれば幻灯機 翡翠の色にキネマを映す

冒頭の連作「鈴を産むひばり」のなかの3首です。
夏祭りを詠んでいるなかで、
イメージをとても美しく定着させています。

「海を買ふつもり」という気持ちのふくらみ具合。
「螢売り」の手元から螢が売れていくことは
同時に周りを照らしていた螢の明るさが減っていくことです。
螢売りの姿が次第に夕闇になじんでいく様子。
売れ残った螢を今後は「幻灯機」としてとらえる発想や
翡翠の色」という色の表現。

これらの美しいイメージの広がりや
一首のなかでの語の使い方に
とてもあこがれた時期があります。

■微細なアイテムと焦点

花積めばはなのおもさにつと沈む小舟のゆくへは知らず思春期 

火にかざすべくうらがへすてぶくろの内側となる冬のゆふやけ

そこだけがたしかにひぐれてゐる窓辺きみは林檎の光沢を剝く

今回久しぶりに読んでみて、
漢字とひらがなのバランスがとてもいい歌が多いと思いました。

一首目では、思春期というアンバランスな時期の危うさを、
花を積んだ分だけわずかに沈む小舟に託して、美しく描いています。
二首目では、手袋の内側から広がる、冬の夕方へのつなぎ方が巧みです。
雪に濡れた手袋を裏返して火にあてていると
手袋の内側が火の色で明るく、あたたかく見えるのでしょう。
「てぶくろの内側となる冬のゆふやけ」の「となる」という続け方で
すこし強引ですが、広がりのあるイメージに結びつけています。
三首目では「林檎の光沢を剝く」の「光沢」まで描写している点がいいですね。
「窓辺」という限定された場所でつややかに夕陽を受け止めている林檎、
ポイントのしぼり方もとても上手です。

■現実の把握とイメージの結びつき

秋雨をまなかに見据ゑてのぼるとき螺旋階段がほどく錆の香       

風力で旋回れるごときクレーンより空に垂線は引かれはじめつ  *旋回れる=まはれる

如何なる屋根のしたにて明日は眠るとも検索窓よりひとひらの雪

現実の把握の仕方がとても冷静で、
かつ美的な感覚が第一歌集では冴えていたな、と思います。
一首目では、「螺旋階段」という場所の選択が効果的で、
真ん中を落ちていく雨粒や
漂ってくる錆の匂いが、螺旋階段という円筒形の場所のなかで
上手く配置されています。

二首目も地味ながら面白いなと思いました。
風力で動くかのようにゆっくりと回っているクレーン、
そこから伸びているロープを空に引かれる「垂線」とすることで、
日常の光景を図形としてとらえている面白さがあります。

「検索窓」といった語も光森さんの短歌には時々登場します。
実際に睡眠をとる室内の情景と、
毎日眺めている液晶画面のなかの検索窓、
一首のなかでの対比やつなげ方に無理がなく、
まとまりがいいと思います。


今後、続く歌集を読んでみて、
歌風の変化など追ってみたいと思います。

 

塔2017年2月号 5

若葉集から。

栞紐はさんでありしところより読み始めて馴染むまでのしばらく      高橋 ひろ子  P164

読書をはじめたときに、こんな感覚を覚えることはよくあります。
「馴染むまでのしばらく」のあいだに
前回までに読んでいた内容を思いだしていて
読むスピードが上がるのに少し時間がかかる。
読み始めのかるい記憶の混沌を詠んでいます。

左手に当てるシャワーの水が熱持つまでをためらわぬように恋     山口 蓮   P175

結句の「恋」にかかっていく長い比喩。
「熱持つまでを」になっていて
「熱を持つまでを」といったような
助詞がないので少し詰まる感じはします。
句切れ無しでずっと読ませるので
結句の「恋」に着地したときに
安堵みたいな感覚をもちます。

原色のランナー溢れる道は伸び 過ぎてゆくのみ、ひかりもあなたも    杉原 諒美  P176

マラソンを見ているのだろうと思います。
わっと走り出したときかな、
「原色のランナー溢れる」で雰囲気がよくわかります。
三句目のあとの一字空けで
すこしの時間の経過とか
心理的な距離を感じさせます。
みている側にすると、
「過ぎてゆくのみ」になるのだけど
過ぎ去っていくことを惜しんでいる感覚が出ていると思います。

 

塔2017年2月号 4

作品2からもう少し。
2月末は暖かかった。春は近い。

山積みの書類のやうにすることがあるがあなたよ夕陽をみないか     赤嶺 こころ   P112

語順の巧さに惹かれる歌です。
忙しさはわかっているけど
「夕陽をみないか」という呼びかけをしている、
もしかしたらせざるを得ないのかもしれない。
どこか切羽詰まった感じがあります。
「あるがあなたよ」という四句目の逆接が
一首のなかでポイントになっています。

ささやかな時差を抱いたまま生きる桜咲く日が違ってもいい   *抱いた=いだいた         小松 岬      P135

私と相手の間にある小さな差。
時差ということは、タイミングが合わないのかもしれない。
「桜咲く日が違ってもいい」という表現で
違いをしなやかに受け止めている気持ちがいいですね。

切り花のつひに莟をひらかざる食卓に蒼く闇降りはじむ      加茂 直樹   P146

莟があればきれいな花が咲くことを期待してしまうけど、
この作品のなかの切り花はひらかなかった。
「蒼く闇降りはじむ」に静かな不気味さがあって
期待を裏切られたときの気持ちの具現化のようです。

ここに居ぬ誰かを思うシトロンの黄色い皮のような街の灯    福西 直美   P147

二句で切れているのかな。
いない人を思うときの欠落感と
ほんのりと明るい街の灯。
「シトロンの黄色い皮のような」という比喩がきれいで
あたたかな雰囲気を作り出しています。

 入札の終わりし業者は作業着に野の草つきしを図面で掃う   石井 久美子    P148

場面の切りとり方が的確で
特に「図面で掃う」という結句がいいですね。
入札という重要な仕事がすんだ後の動作に
なんだかその場の空気まで潜んでいる感じがします。

ひとつごとに値を負ひてコンビニのおでんは煮える秋のかたすみ     木村 珊瑚   P150

コンビニおでんは現代的なシーンです。
「ひとつごとに値を負ひて」は確かにその通り。
具材によって微妙に値段が違いますよね。
コンビニのレジ付近のおでんコーナーは
現代の「秋のかたすみ」になっています。
ちょっとしたスケッチみたいな歌ですが、
生活のワンシーンをうまく切り取っています。

                              

塔2017年2月号 3

作品2は多いので2回に分けます。

るるるると振れるブランコ掴まえて地にすれすれの空を漕ぎ出す    竹田 伊波礼   P71 

 「るるるると振れる」が面白い表現です。
さっきまで誰かがのっていて、
まだ振動を伝えるブランコでしょう。
「地にすれすれの空」で空間に広がりがある感じがします。
こげば漕ぐほど、空に入っていく感じがするブランコ、
「漕ぎ出す」に勢いがあります。

灯ともさず水のみにくる夕鳥の飛びさるまでがひと恋ふ時間     東 勝臣    P75

夕暮れのなかの鳥を美しく描いた一首です。
「灯ともさず」なので結構暗いのかもしれない。
水を飲んで飛びたつまでの時間が
「ひと恋ふ時間」とは儚い印象。
ちょっとした休息の時間は
素直な感情が出る時間なのかもしれないですね。

紫蘇の実をしごきて灰汁の染みる指箸もつたびに匂いの立てり  *灰汁=あく           岩﨑 雅子  P77

いまはもう触れていないけど、指に残る野菜の匂いは
なんだか奇妙な感じがしますね。
ここでは紫蘇の実の灰汁、
「匂いの立てり」がとてもいいなと思って選びました。
箸という細長いアイテムを持つたびに
匂いも一緒に立つ、という把握がいい。
「立てり」という動詞で、
いきいきした感じがあります。

画布の隅に黄色く塗られし一艘を夏の柩のように見ていつ   中田 明子     P81

水辺を描いた絵画の隅にある
「黄色く塗られし一艘」を見ているときの歌です。
黄色は青色とは対比の鮮やかな色だから
目についたのか、しずかなボートに
去りゆく夏のイメージを重ねています。
「夏の柩」という表現が切ない感じです。
そういえば、中田さんの歌は
一首ごとに静謐な雰囲気を持っているので
美術館で小さな作品を順に見ているような感覚を覚えるな、と
今になって気づきました。

恵まれていたのでしょうね銀色のピアスくわえて湖面に落とす     藤原 明美   P82

とても不思議な一首です。
「恵まれていたのでしょうね」と他人事みたいに言っているけど
自分のことかもしれない。
過去形なので、今では状況が違うのでしょう。
「くわえて」という動詞も奇妙で、
犬の動作のようですが、本人かもしれない。
惜別なんだけど、夢の中のような雰囲気をもっています。

かろやかな列車のリズムと隣席の貧乏ゆすりがときにずれおり    田村 龍平   P97

ちょっと面白いテイストを持っている短歌が得意な方のようですね。
「隣席の貧乏ゆすり」いますね、こういう人。
列車の揺れるリズムと貧乏ゆすりのリズムのズレを
把握していて、面白い歌です。
「ときに」がいいな、と思っています。
けっこう長い間、隣でリズムを聴いていた感じがします。