波と手紙

小田桐 夕のブログ。塔短歌会に所属。  ゆふぐれはあなたのなかに沈みゆくとほき国だと気づいてしまふ

2016-06-05から1日間の記事一覧

一首評「虹」

トンネルを抜け出づるたび虹の脚位置を変へゆく誰も黙して 梶原 さい子 「塔 2016年4月号」 車での移動だろうか、トンネルを出るたびに虹の脚の位置が異なって見える。それは当然のことだけど。でも虹って出ているとつくづく眺めてしまう。 虹は希望や幸せの…