波と手紙

小田桐 夕のブログ。塔短歌会に所属しています。         ゆふぐれはあなたのなかに沈みゆくとほき国だと気づいてしまふ

一首評 「物語」

烏瓜の揺れしずかなり死ののちに語られることはみな物語    

        松村正直 『風のおとうと』

松村正直氏の第四歌集。

今わたしが一番気合い入れて読んでいる歌集と言っていい!

 

今までの歌集のなかの歌の変化を思いながら

ゆっくり読んでいます。

 

烏瓜というと、赤い実を思い浮かべます。

秋から冬にだんだんと熟して赤くなる烏瓜。

寒い季節の中、烏瓜が静かに垂れているその景色を描いてから

死ののちの時間に転じています。

「物語」という名詞がとても印象的です。

誰かが亡くなった後に話題にするのは

その誰かがもういない、という事実のまわりで

紡がれる覆いのようなイメージかもしれない。

死という絶対的な事実のあとには

感覚が変わるのかもしれない。

 

時間の経過のなかでいつしか変わっていく感覚、

そんな歌が多いかもしれないと思いつつ読んでいます。