波と手紙

小田桐 夕のブログ。塔短歌会に所属しています。         ゆふぐれはあなたのなかに沈みゆくとほき国だと気づいてしまふ

塔2016年11月号から 8

塔2016年11月号の作品2・小林幸子選歌欄から。

記憶とはむしろ細部のことばかりくびすじ蒼きひとでありたり  中田 明子  P157

毎回巧いのが中田さん。
人間はどんどん忘れていく。
記憶はまさに断片として残っていく。
「くびすじ蒼きひと」はなんだか
儚い印象をたたえています。
この一首を読んでいると、
夢のなかを覗いてしまったような気持ちになります。

 

百日紅ふきだして夏、熱帯夜うすい背びれをひるがえしたり  山名 聡美  P158

今回の山名さんの詠草で特に惹かれた歌です。
「うすい背びれ」によって
熱帯夜が大きな魚として
夜空にいすわっているようです。
ちょっと幻想的な感じをたたえた一首。
ほかにも山名さんの歌で

土を離れふたたび土に落つるまでの蝉の時間に注ぐ陽光   
*蝉は旧漢字 *離れ=かれ   山名 聡美   P158

もとてもいいなと思います。
「蝉の時間」という言葉で、
人間の一生とは違う生命の流れがあるんだ、
と再認識します。