読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

波と手紙

小田桐 夕のブログ。塔短歌会に所属しています。         ゆふぐれはあなたのなかに沈みゆくとほき国だと気づいてしまふ

塔2016年11月号から 4


塔2016年11月号の作品2・花山多佳子選歌欄から。

梅ゼリーの梅に手つけず子供らは草履引っ掛け虫捕りに行く      矢澤 麻子   P99

夏休みの子供たちの様子を詠んだ歌が
詠草のなかにありました。
「梅に手つけず」という描写で
食べ物の好みだけでなく、なんとなく
性格とか表情が浮かんできそうです。

二歳児は鬼が怖いらし黍団子あげてばかりの桃太郎うたふ      小畑 志津子   P103

こちらもかわいい一首。
黍団子をあげてばかりでは
いつまでたっても鬼退治にならないだろう、
と思いつつ、その様子がかわいい。
小さい子供を詠んだ歌は多いけど、
甘いだけで終わっている歌も多いなか
具体的な描写が的確だと
その場で見ているような感覚が生じます。