波と手紙

小田桐 夕のブログ。塔短歌会に所属しています。         ゆふぐれはあなたのなかに沈みゆくとほき国だと気づいてしまふ

塔2016年11月号から 2


塔2016年11月号の作品1・永田和宏選歌欄から。数字はページ数です。

お互いの屋根裏部屋を少しずつ見せ合うように手紙を交わす    白水 麻衣  69

 いままさに親しくなりつつある人でしょう。
だんだんとお互いの内面を見せていく様子を
「屋根裏部屋を少しずつ見せ合う」という比喩で
表現しているのが的確でいい。

黒アゲハ少数意見を汲むごとく低く重たくわが庭を飛ぶ    石井 夢津子   71

「少数意見」という言葉を蝶が飛んでいる様子に用いるのが斬新。
少数意見を汲む、ということは根気や気配りがいる。
「黒アゲハ」「低く重たく」という表現が
その大変さを語っているようです。

ほとんどは失われていく夏の木の翳りに銀の椅子をひろげる   荻原 伸      72

結句の「ひろげる」という動詞に着目しました。
折り畳み式の椅子で、金属のきれいなツヤがあるのでしょう。
なにが失われていくのかはわからないけど、
暑い夏の喪失感をともなった時間の流れと、
木陰に点のように存在する「銀の椅子」の組み合わせが美しい。

 

 

まぁ、こんな感じで選歌欄ごとに
いくつかの歌をピックアップしていこうかな、って思います。