読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

波と手紙

小田桐 夕のブログ。塔短歌会に所属しています。         ゆふぐれはあなたのなかに沈みゆくとほき国だと気づいてしまふ

一首評 「釦」

一首評

死ぬ朝のさいごの釦も自らのちからに嵌めたし 白きくちなし
        福西 直美 「塔 2016年9月号」 

 福西直美さんも塔のなかで注目している方の一人。

今回はこの一首がとてもいいなと思いました。

いつか必ずやってくる死、その日の朝の「さいごの釦」を
自分ではめたいというのは、ささやかだけど強い意思を感じます。
「釦」という小さなアイテムに託すのがすごくいい。

「さいご」「ちから」といったひらがなでの表記も効果的で
力を抜いた感じです。
結句の「白きくちなし」も潔いイメージや死の予感が出ていて、荘厳。

こんな始まりで最期の日は来ないかもしれないけど、
自らの意思として描いておくという点に惹かれます。