波と手紙

小田桐 夕のブログ。塔短歌会に所属しています。         ゆふぐれはあなたのなかに沈みゆくとほき国だと気づいてしまふ

一首評 「雨」

錆びついた窓から見える風景だ どうしたらいいどうしたら雨  
       吉川 宏志 「縦長の絵」『鳥の見しもの』 

今回ももうひとつ、雨で終わる歌。

すぐ前に磔刑の絵の歌がおかれているせいか
この歌も切羽詰まった感覚で読んでしまいます。

「錆びついた窓」のむこうの風景が
具体的にどんなものかわからないけど、
実際の景色というよりは将来や未来の予想や予感
(もちろん明るいものではない)だと思います。

イメージとしては廃墟の内側から外を見ているような気がして
不吉な予感がつきまとうのです。
「どうしたらいいどうしたら雨」という
唐突な雨の一語で不安がじわっと伝わります。