読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

波と手紙

小田桐 夕のブログ。塔短歌会に所属しています。         ゆふぐれはあなたのなかに沈みゆくとほき国だと気づいてしまふ

一首評 「雨」

一首評

やわらかき部分を突いてくることばそれだけならばよいけれど雨 
      𠮷野 裕之「葡萄のような」 『砂丘の魚』 

たぶん他者からいわれた言葉、
自分の「やわらかき部分」を突いてくるだけでなく
じわじわ浸食してくるような
ダメージをもたらしてくるんだろう。
そのじんわりした痛みと
結句におかれた「雨」の一文字が
イメージとして読者のなかで結びつく。

雨の降り方もいろいろだけれど、
最初はぽつぽつ降りだしてだんだんと
地面が濡れていく様子は
ことばが自分の内面に迫ってくる様子と
確かに似ていると思う。

「それだけならばよいけれど雨」という
たくさんのひらがなのさきにおかれる「雨」は
あんがい強い雨かもしれない。
ひらがなのやわらかさとの対比が
面白い構造を持っている。