読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

波と手紙

小田桐 夕のブログ。塔短歌会に所属しています。         ゆふぐれはあなたのなかに沈みゆくとほき国だと気づいてしまふ

一首評 「庭」

裕子さんの庭かとおもふ塵取りとバケツ灼けゐるよその庭のぞく
      小島 ゆかり 『純白光』 

8月12日は河野裕子さんの命日でした。
この歌は2012年の短歌日記として連載されていたもので
8月12日の日付のページにおかれています。

亡くなった人のことは死後にも
ちょっとした時に再現されることがあります。

河野さんは草木が好きで
よく庭いじりをしていたらしいので
まったくの他人の庭なのに
ついのぞいてしまう、という動作につながるのでしょう。
現実と過去にいた人の存在感が交差する
不思議な瞬間です。

「灼けゐる」という描き方で夏のきびしい暑さや
塵取りやバケツの色合いが鮮やかに浮かんできます。