読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

波と手紙

小田桐 夕のブログ。塔短歌会に所属しています。         ゆふぐれはあなたのなかに沈みゆくとほき国だと気づいてしまふ

一首評 「夏蝶」

一首評

石段にひかりは層を成しにつつ夏蝶ふいに影を連れ去る
       吉野 裕之 『吉野裕之集』 

 

夏のつよい日差しがたまっているのを「層を成しにつつ」
と表現しているのに目が留まった。
降りそそぐ光はたしかに幾重にも重なるという把握もできる。

この一首で描かれているのは
蝶がすっと飛び去るだけなのだけれど、
影を「連れ去る」という動きの描き方で
影に、蝶とは別の重さがあるように思える。
そのおかげでやはり光の強さがよけいに
印象に残るのだ。