読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

波と手紙

小田桐 夕のブログ。塔短歌会に所属しています。         ゆふぐれはあなたのなかに沈みゆくとほき国だと気づいてしまふ

一首評 「鳥」

一首評

鳥よりも鳥の名前が好きだから滴るひかり喉に溜めをり
        大口 玲子『大口玲子集』 

 中国で日本語を教える日々の歌が並ぶ中に、この一首は置かれている。

鳥そのものよりも「鳥の名前」が好き、というのは
やはり言葉への関心の高さなのか、
名前を知ることで自分の理解のなかに納めた気持ちになるせいなのか。

「喉」という音声を発するために必要な箇所に
溜まっていくひかり。
新しい名前を知るたびにひかりは増すけれど
同時に何かを失っているかもしれないと思うとき
すこしひりひり、とした感じを受けるのです。