読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

波と手紙

小田桐 夕のブログ。塔短歌会に所属しています。         ゆふぐれはあなたのなかに沈みゆくとほき国だと気づいてしまふ

一首評 「辛夷」

一首評

不意に咲く辛夷はいつも まっすぐな道の両側すべてが辛夷
        永田 淳 『湖をさがす』 

 2011年短歌日記の4月5日の日付に記されている歌です。

辛夷が咲くのは3月半ばから4月半ばなので、
ちょうどいまくらいの時期ですね。
たくさんの小さな手が天にむかって
だんだん開いていくようなフォルムがとても印象的な花です。

二句切れのあとの一字空けがとても効果的な一首です。
この一字空けで、あるべき言葉が大胆に省略されているので
想像力を刺激されます。

自分がいる場所の両隣がすべて辛夷、というのは
壮観だろうなと思いつつ、
その花に対する思いの正体を考えて、
読者である私もその景色のなかに立ち止まるのです。