読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

波と手紙

小田桐 夕のブログ。塔短歌会に所属しています。         ゆふぐれはあなたのなかに沈みゆくとほき国だと気づいてしまふ

広島 その2(平和記念公園、その周辺)

f:id:odagiri__yu:20151001224026j:plain

原爆ドーム付近の小さい噴水。
まだ日差しがつよいなか、水の動きがほんとにきれい。

 

f:id:odagiri__yu:20151001224159j:plain

こちらは動員学徒慰霊塔。
付近を通った人がそっと手を合わせていかれるのです。

 

 

f:id:odagiri__yu:20151001223220j:plain

原爆ドームからすこし歩いて元安橋を渡るときの写真です。
橋の向こうには白っぽいレストハウスがありますね。
休憩所とか案内所としていまも使われています。

 

f:id:odagiri__yu:20151001223641j:plain

そのレストハウスの斜め向かいくらいに立っているのが
原爆の子の像
付近にはすごい数の折り鶴が飾られていました。

 

f:id:odagiri__yu:20151001223754j:plain

平和記念資料館前の大きな噴水。
現在、資料館の東館はリニューアル工事中。
本館だけ見学させてもらいました。

 

 

私は祖父母から戦地での経験や空襲で逃げ回った話をじかに聞けたし、
被爆者の方からお話しを聞いたこともあります。
貴重な話を聞けたことはよかったと思うし、つらい経験を話してくれたことには感謝しています。

戦争や原爆の悲惨さを聞いたあとには、
「平和な日本に生まれてよかった」という声もよく聞きました。
平和というものがだれかがどこかで守ってくれて
自動的に更新されていくなら楽なのですが、そんなものでもなく・・・。
そんな単純なものではないよ、っていう自覚がいままで
足りなかったんじゃないかな、と私を、私の周りを振り返ってみて思います。

 

 

 

 

 

f:id:odagiri__yu:20151001224550j:plain